自己紹介

車検のコバック・坂井モーター社長が日々のことを書き記します。

RSS feed

« 寺田繭子さんと対談 | メイン | 辺野古 »

謹賀新年

新年 明けまして おめでとうございます

本年も 宜しくお願い致します

弊社は、6日から営業をしておりますので、少々遅い御挨拶ですね。

今年こそ、ブログの更新頻度をもう少し上げたいと思いますが、どうなりますか?

さて、5日の日に2012年度の新卒の為の就職ガイダンスに若手の社員と共に参加しました。

皆さん真剣に採用担当者の話を聞いていましたよ。

我社にも沢山の学生さんが来てくれましたが、やっぱり金融機関や有名な企業の人気は凄いですね。

4年生の内定率が60%に満たない状態は大変を通り越して異常と言えるかも知れません。

只、これは景気が悪く採用人数が少ないこともあるんでしょうが、大学等への進学率が50%を超えて

学生数が増えたことにも一因が有るんじゃないでしょうか。

かつてなら、高校を卒業して就職し手に職を付けてた人達が大学に進学する。

大卒ならば親も本人もホワイトカラーを目指し有名企業を希望するようになります。  本人の力量とは別にね。

インターネットで検索しても出てくるのは有名企業や大企業ばかりです。

その数少ない企業に群がり、就職できないと嘆く。挙句の果ては就職留年や就職塾まで登場です。

働いたことの無い学生が描く企業像や仕事のイメージと現実は大きく異なるように思います。

そんな頭でっかちや希望でっかち、寄らば大樹の意識を捨てて、自分の足元を見つめ、中小企業を

見つめてみたなら内定率はもっと上がると思うけどなぁ。

パナソニックだって、京セラだって、ソニーだって、ホンダだって初めは中小企業だったんですよ。

静岡県内にも浜松にも素晴らしい中小企業は沢山ありますよ。

一流企業に入って一流大学卒のライバルと争うのと、中小企業に入って社長と一緒になって企業を大きくする。

どっちが出世の可能性があると思いますか?

どっちが面白いと思いますか?

どっちが遣り甲斐があると思いますか?

どっちが人間らしい生き方ができると思いますか?

どっちが親孝行だと思いますか?

こんなことを考えた一日でした。

 

 

 

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.sakai-motor.co.jp/mt5/mt-tb.cgi/1094

コメントを投稿