自己紹介

車検のコバック・坂井モーター社長が日々のことを書き記します。

RSS feed

« レイヤー化する世界 | メイン | 福島原発 »

参院選自民大勝・民主惨敗

参院選が自民大勝、民主惨敗、第3局共食いの結果で終わり

ましたが、相変わらず投票率が悪いですね。

52.6%と戦後3番目に悪いとのことでした。

若い人たちの投票率は相変わらず悪いですね。

見方を変えれば、あなた任せで暮らしていけるんだから、

エジプトやシリア等に比べれば平和でいい国だってことですよね。

そんな中で、投票率アップに絡んで、投票は権利か義務かと云った話題が

マスコミで論じられることがありますが、どうなんですかね。

22日の静岡新聞(朝刊)の社説にも、投票は権利なんだから・・・・

とありました。

投票に行かない理由は様々ありますが、やはり投票しなくてはならない。

ウィンストン・チャーチルは次のようなことを言っています。

「民主主義を完全で賢明であると見せかけることは誰にもできない。

実際のところ、民主主義は最悪の政治形態ということができる。

これまでに試みられてきた民主主義以外のあらゆる政治形態を

除けばだが。」(ウィキペディアより)

その通りだと思いますが、投票をしなくてはならない。

我々が投票をすることは、権利などではなく義務なのだと考えます。

それは、民主主義という政治形態を護るために、我々国民に課せられた

義務なのだと。

 

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.sakai-motor.co.jp/mt5/mt-tb.cgi/1263

コメントを投稿