自己紹介

車検のコバック・坂井モーター社長が日々のことを書き記します。

RSS feed

« 今年の「初ボヤキ」 | メイン | 米朝会談の行方 »

東日本大震災から7年に思う

今日は、あの多くの犠牲者を出した東日本大震災から7年である。
我々日本人は、あの震災から何を学んだんだろうか?
東京電力福島第1発電所の事故は地震のせいではなく人災だった、と私は考えている。
地震によって日本人の愚かさが露呈しただけだったのだ。
何故なら、東北電力女川原発は、津波の被害も受けることなく地元の人の避難所になっていたのだ。
忘れてはならないのは、東北電力の元副社長の平井弥之助氏である。
平井氏は、女川原発の建設の際に貞観地震の津波を想定して基準よりも高い場所に建設させたのである。
「頑固者」であったのかもしれないが、重要である。
かたや、東芝、神戸製鋼しかり、相撲協会、レスリング協会しかりである。
権力のある者におもねり、自身は口を噤み何も言わない。
その先に何が起こるかも想像しない、木偶の坊達。
国も企業もだんだん崩れて行く様で、日本の将来が不安になるのです。
かく言う私も口下手で無口なので、今後はもの云う頑固親父になるかな。(笑)



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.sakai-motor.co.jp/mt5/mt-tb.cgi/1458

コメントを投稿